Outlook と OWA の間で共有される電子メールの署名

読者は私にマイクロソフトの 電子メール署名ギャラリー そして、これらの署名をOutlookとOWAで使用できるかどうかを尋ねました。答えはイエスです、そして 方法を示すドキュメントがあります、これは常に素晴らしいです。

電子メールの署名のギャラリーはWord文書(図1)にあり、オンラインでダウンロードまたは編集できます。使用するにはサンプル署名の 1 つを更新する必要があるため、編集は重要です。

マイクロソフトの電子メール署名ギャラー
図 1: マイクロソフトの電子メール署名ギャラリー

適切な変更を行った後、署名を切り取って OWA または Outlook デスクトップに貼り付けることができ (図 2)、ローミング署名の優れた機能により、両方のクライアントで使用できるようになります。基本的に、写真を置き換え、タイトル、電話番号、組織、住所の値を更新し、WebサイトとTwitterハンドルのリンクを追加するだけです。電子メール署名ギャラリーは非常に便利なツールのように聞こえますが、いくつかの欠点があります。

ギャラリーから Outlook デスクトップへの電子メール署名の追加
図 2: ギャラリーから Outlook デスクトップへの電子メール署名の追加

メッセージ センター通知 MC340845 (2022 年 10 月 27 日) によると、 ローミング署名 これで完了です。マイクロソフトでは、この機能を「クラウド署名」とも呼んでいます。どちらも同じことを意味します。署名情報はユーザーのメールボックスにあり、クライアントはメールボックスから署名情報をダウンロードしてメッセージに署名を適用します。

メールボックス メッセージの設定構成が壊れたまま

最初の問題は、Microsoftがローミング署名の問題に対処していないことです。 メールボックスメッセージ設定の設定 コマンドレットを使用して、OWA の署名に対する HTML サポートを削除します。Microsoftは、ローミング署名が問題を引き起こすという警告をドキュメントから削除しました。この問題は、OWA 用の適切な形式の署名を開発するのに時間をかけた場合、メールボックスに OWA 署名を適用するスクリプトが機能しないことを意味します。

卵を割らずにオムレツを作ることはできず、Microsoftは、ローミング署名を導入して、何かを壊さずに使用する署名の選択肢をユーザーに与えることはできないと言います。少なくとも、彼らは何かを壊したのでこれを言うだろうと思います。

更新が必要になると想定するのは合理的です。 Set-MailboxMessageConfiguration ローミング署名の導入後のコマンドレット。更新には次のことを行う必要があります。

  • ユーザーのメールボックスへの署名情報の格納をサポートします。
  • メールボックスごとの複数の署名の読み取りと設定をサポートします。
  • 使用可能なセットからの新しいメッセージと返信の既定の署名の選択をサポートします。

Microsoftがコマンドレットの問題を修正して、電子メールの署名を管理するためのPowerShellスクリプトを開発するために時間とエネルギーを投資した人が引き続き作業の恩恵を受けることができると便利です。

ユーザー メールボックス内の署名データのローミング

これまで、コマンドレットは設定から署名情報を取得できました。次に、からデータを読み取る必要があります アプリケーション日付ルート\49499048-0129-47f5-b95e-f9d315b861a メールボックスの IPM 以外の部分のフォルダー。 MFCMAPI ユーティリティ 各署名には、独自のサブフォルダ(図3)と、に格納されている他の情報があることを明らかにします。 アプリケーション日付ルート\49499048-0129-47f5-b95e-f9d315b861.

MFMAPI は、電子メールの署名がユーザーのメールボックスに格納されている場所を明らかにします
図 3: MFMAPI は、電子メール 署名がユーザー メールボックスのどこに格納されているかを明らかにします

署名のフォルダーには、いくつかのメッセージ アイテムを格納するコンテンツ テーブルがあります。メッセージ アイテムには、アイコンなどのグラフィック要素を含む HTML 形式の署名データ (図 4) が保持されます。

電子メールの署名情報をメールボックスに格納する方法
図 4: 電子メールの署名情報がメールボックスに格納される方法

ローミング署名の実装は、1 つの HTML 署名のみをサポートする OWA の以前のアプローチの単純さとは多くの点で大きく異なることは明らかです。

OWA のローミング署名機能

いずれの場合も、Outlook デスクトップで更新された署名は、クライアントが更新について学習し、キャッシュを更新する期間が経過すると、OWA で使用できるようになります (逆も同様です)。図 5 は、貼り付けた電子メール署名ギャラリーの署名を示しています。を OWA メッセージに表示するように Outlook に追加します。

Outlook デスクトップに入力された移動署名が OWA に表示される
図 5: Outlook デスクトップに入力された移動署名が OWA に表示される

プレイの現状

したがって、現在の状態は、ローミング署名をサポートするクライアント (OWA、モナーク クライアント、および最新の Outlook クリックしてビルドを実行する) が、ユーザーのメールボックスに格納されている署名を共有することです。誰かが署名を更新するクライアントや署名のソース (ギャラリー、別のユーザー、またはユーザーが生成) に関係なく、クライアントはすべてその署名を取得して使用します。

これは、ISV署名管理製品が次のようなことを意味しますか? Office 365 用のコード 2 の電子メール署名 廃業していますか?全く違います。ローミング署名は、共通の署名が Outlook クライアント ファミリ内で使用可能になるという問題を修正します。これは、電子メール署名管理の普遍的な万能薬ではなく、Outlook 以外のクライアントを含め、組織全体で適切な企業署名を使用するようにすることについては何もしません。複数のクライアントにわたる電子メール署名の一元管理に関心がある場合でも、適切なツールに投資することで得られる価値はたくさんあります。


常に多くの変化があります。マイクロソフトがOffice 365全体で行うすべての更新に遅れないようにすることは課題です。購読する IT プロフェッショナル向け Office 365 eBook では、何が起こるのか、なぜ起こるのか、テナントにとってどのような新機能が意味があるのかについて、毎月の洞察を得ることができます。