マイクロソフトが新しいチームウェビナーエクスペリエンスを開始

マイクロソフトが新しいチームウェビナーエクスペリエンスを開始

チームウェビナーが変身

チーム ウェビナーのバージョン 1 の UX
チーム ウェビナーのバージョン 1 の UX

約18か月前、私は Teams ウェビナーの元の実装.現在、マイクロソフトは、お客様からのフィードバックに基づいた新しいエクスペリエンスで Teams ウェビナーを更新しています。Microsoft 365 メッセージ センター通知 MC454809 (11 月 1 日) によると、新しい UI は 11 月下旬にテナントに表示され、12 月上旬にグローバル展開が完了します。 Microsoft 365 ロードマップ項目 86826 一般提供は11月に行われることに同意し、その説明であまり多くを与えず、機能を「ウェビナーテンプレートを更新し、新しいレイアウトと拡張オプションを追加して、イベント固有の登録の詳細と設定をカスタマイズしました."それが何を意味するにせよ。

Teams ウェビナー 2.0 に期待すること

Teams ウェビナーはまだ利用できないため、このディスカッションは、メッセージ センターの投稿とロードマップ項目の単語に基づく情報に基づいた推測として扱います。これが私たちが見ると思うものです:

ウェビナーを作成および管理するための改良されたユーザーインターフェイス.元の実装はまさにそれでした–オリジナル。Microsoftは、更新されたウェビナーテンプレート(ウェビナーイベントの編成に関連するさまざまなオプションのレイアウト)を提供すると述べています。

カスタマイズ可能な機能.ウェビナーを運営する組織は、おそらく企業のブランディングを望んでいます。ウェビナーを他のすべての Teams ウェビナーのように見せたくないため、新しいインターフェイスが一部のレイアウト要素に対応することが期待できます。マイクロソフトは、登録の詳細とイベント設定について具体的に言及しています。これらは公開されている要素であり、カスタマイズできる領域であることは論理的です。

登録のより良い制御.マイクロソフトは、エンドツーエンドのウェビナーソリューションを提供したいと述べています。登録はウェビナーの大きな部分です。主催者は、誰がサインアップし、誰が出席し、どのくらいの期間参加したかを知りたいと考えています。V1.0では登録が基本でした。この分野では多くの変化を期待しています。

拡張性:マイクロソフトは、Teams Webinars 2.0は「規模に合わせて構築されている」と述べています。Teams ウェビナーが登場した後、ウェビナーが Teams ライブ イベントから引き継ぐかどうかについて多くの憶測がありました。そのためには、ウェビナーは何千人もの参加者をサポートする必要があります。ウェビナーが2.0が利用可能になるまでどれだけ高くなるかを見るのは興味深いでしょう。

Teams ウェビナー 2.0 を制御するための新しいイベント ポリシー

元のウェビナーの実装は、定期的な Teams 会議に基づいて構築されました。2.0は別個のイベントとして扱われるようです。Microsoftは、Teams会議ポリシーの現在のコントロールの代わりに、ウェビナー(および潜在的に将来のタイプのイベント)を管理する新しいTeamsイベントポリシーを導入していると述べています。

Teams イベント ポリシーを制御するコマンドレットは、最新バージョンの Teams PowerShell モジュールに含まれています。ランニング Get-CsTeamsEventsPolicy 明らか:

Get-CsTeamsEventsPolicy

AllowWebinars   : Enabled
EventAccessType : Everyone
Description     : Default policy
DataSource      :
Key             : ScopeClass=Global;SchemaId=;AuthorityId=;DefaultXml=;XmlRoot=
Identity        : Global

ウェビナーを許可する そして イベント アクセスの種類 Teams イベント ポリシーのコントロールは、現在のコントロールを置き換えます 会議の登録を許可 そして 誰が登録できます Teams 会議ポリシーのコントロール。テナントに配布されるようになった既定のポリシーには、 ウェビナーを許可する に設定 有効つまり、組織が設定によって元のウェビナーの実装を無効にしない限り、テナントは自動的に Teams Webinars 2.0 に切り替わります。 会議の登録を許可 宛先 .(注:MC454809は、ウェビナーを許可するの値がオンに設定されていることを示しています。これは正しくありません。パラメーターは[有効]または[無効]のいずれかです)。

Teams ウェビナー 2.0 をオフにするには、 Set-CsTeamsEventsPolicy 既定のポリシーでコントロールを無効にするコマンドレット:

Set-CsTeamsEventsPolicy -AllowWebinars Disabled

もし 会議の登録を許可 会議ポリシーで True の場合、そのポリシーを割り当てられたユーザーは、元のウェビナー実装を引き続き使用できます。マイクロソフトによると、移行期間の後、全員がTeamsウェビナー2.0に移行する予定です。

もちろん、組織には、さまざまなユーザー セットに対応するために、多くの場合、いくつかの会議ポリシーがあります。このシナリオでは、過去に会議ポリシーでウェビナーが許可されていたすべてのユーザーに新しいエクスペリエンスが提供されます。または、新しい Teams イベント ポリシーを作成して、ウェビナーを開催するユーザーに割り当てることもできます。を使用して新しいポリシーを作成する方法は次のとおりです。 New-CS TeamsEventsPolicy:

New-CsTeamsEventsPolicy -Identity WebinarOrganizers -AllowWebinars Enabled -Description "This events policy should be assigned to people who organize webinars" -EventAccessType Everyone

AllowWebinars   : Enabled
EventAccessType : Everyone
Description     : This events policy should be assigned to people who organize webinars
DataSource      : Memory
Key             : ScopeClass=Tag;SchemaId=;AuthorityId=;DefaultXml=;XmlRoot=
Identity        : Tag:WebinarOrganizers

ポリシーを割り当てるには、 Grant-CsTeamsEventsPolicy コマンドレット:

Grant-CsTeamsEventsPolicy -Identity Peter.Hedges@office365itpros.com -PolicyName WebinarOrganizers

適切なユーザーがウェビナーの実行を許可するポリシーを持っていることを確認するには、Azure Automation のスケジュールされたジョブを使用して、適切な Teams イベント ポリシーをアカウントに割り当てることを検討してください。

残念ながら、 Get-CsOnlineUser コマンドレットは現在、ユーザーに割り当てられているイベント ポリシーを示していません。

古典的なマイクロソフトの戦術

バージョン 1 をリリースした直後に機能を刷新することは、従来の Microsoft ソフトウェア開発です。Teams 開発グループは 2021 年に Teams Webinars 1.0 を提供し (おそらくパンデミックの状況からの圧力の下で)、新しい UX、より優れたスケーラビリティ、登録を管理するための追加オプションを使用してジョブを完了するために戻ってきました。これらはすべて大歓迎です。


常に多くの変化があります。マイクロソフトがOffice 365全体で行うすべての更新に遅れないようにすることは課題です。購読する IT プロフェッショナル向け Office 365 eBook では、何が起こるのか、なぜ起こるのか、テナントにとってどのような新機能が意味があるのかについて、毎月の洞察を得ることができます。

未分類

Posted by admin